2017年度沢登り講習会で湯檜曽の本谷へ行ってきました

2017年8月26,27日で、湯檜曽の本谷へ行ってきました。
3年前より計画して、天候に恵まれず行けなかったのですが、今回も
スタート時点は、雨でしたが、数時間で止むのが分かっていたので

結構、雨降る中、カッパを着て、白毛門駐車場を出発

 

 

 

 

新道を一の倉沢まで来ると、橋はかかっていなく、結構な水量で、アプローチシューズでは濡れるので、沢シューズに履き替えます。

人数は13名

人数が多いので時間を節約するために、魚留めの滝をショッートカットして、武能沢先の登山道を少し行った、巻き道より、魚留の滝先の川原に行きます。
踏みあとは、結構あり、迷わず行けます。
ここより本格的な、沢登りが始まります。
13名は、千葉岳連のいろいろな山岳会より参加しています。
また、個人会員の方もいらっしゃいます。群馬岳連の友人もゲストで参加しています。

雨も上がり、だんだん沢日和になりました。
さあ、積極的に入るぞーというか、入らざる負えません。
深いんだもん、もたもたしてたら置いてかれるし
皆、覚悟を決めたようです。

良い感じです。
これぞ、湯檜曽本谷

うなぎ淵に到着
前回は、首ギリギリで通過できたのですが、今日は、足が届きません。
水量が多いようです。
しょうがないので、巻きます。

巻きより下りるところが少しいやらしい

滝の水流の裏側をとおる滝にぶつかりました。
結構な水量で、巻こうと思い、左から右から確かめましたが巻きもいやらしいのです。
ここは、正面より行くしかないかと、トップはザックを降ろして、突入です。
何とか、抜けました。
このように13人でロープを使い、確保しながら登るので相当時間がかかります。
この上で時間切れとなり、ビバークします。

開墾して、3か所に分かれて、ビバークです。
残念ながら、楽しみにしていたたき火もできない場所でしたが、楽しくすがしました。

翌日は、30分ぐらいで大滝です。水量が多く、迫力があります。
この大滝をルート工作して、ロープをセットして13人が登るまで2時間かかりました。

大滝を上から見た写真。
トラバースルートも良く見えます。

 

 

大滝の上すぐで、送電線、巡視路です。
ここで湯檜曽本谷は終了して、登山道へ出て下山にかかります。

最後にみんなでお約束の記念写真

登山道につきました。

途中の避難小屋

 

 

白樺沢出合い

これを登るともうすぐです。
ご苦労様でした。
無事に帰還できました。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

ページ上部へ戻る